ロレックス時計のオーバーホールは
3年から5年に1回がベスト



■定期的な分解掃除を行わないままでいると

機械の油が蒸発してしまったり、パーツの接触部分が摩耗してしまいます。狂いや止りを引き起こす原因になるのです。

■オーバーホール(分解掃除)ってなに?

オーバーホールとは、時計の内装部品と、全ての部品を分解・洗浄・注油して再び組み立てる作業です。

機械式時計(ゼンマイ式)は、多くの歯車がかみあって、それぞれが回転して動かしています。

これらの部品は金属製のため、回転を続けていくうちに、
磨耗してしまったり、スムーズな回転が出来なくなってしまいます。

そのため、部品を洗浄した後に油をさして、スムーズな回転を起こして再生しています。


ご使用を続けていくうちに、磨耗・油汚れ・油切れを起こしています。

この機械式時計の汚れ・油切れが起こり始めるのがだいたい3〜5年です。(ご使用状況により異なります)

磨耗が起こってからでは、オーバーホールだけでは正常に動作することが出来ず、部品交換が必要になってしまいます。

逆に、定期的にオーバーホールをしていただければ、磨耗を防ぐことができ、時計を長持ちさせる事が出来ます。

機械式時計で一番怖いのは摩耗した部品は交換したら新しい部品に変わります。ただ、地板と言って交換のできない部品もあります。地板が摩耗すると時計は使うことができなくなります。

永く使うためのも定期的な分解掃除が大切です。

内装修理の場合でもオーバーホールがほとんど必要になってきます。   

例えば、ゼンマイ切れの場合では、ゼンマイを交換すれば、動作することが出来ますが、やはりオーバーホールが必要になります。

これは、内部の部品を交換する際にも、部品を一つ一つ分解し、交換をしますが、多くの部品からなっているため、交換をする際に、これらの部品を分解する必要があります。分解後、ただ取付けを行えば良い訳ではなく、再度注油を行う必要があり、オーバーホールと同様の作業が必要になります。

■オーバーホールは時計のどういう症状が出たときにすればいいの?

1.時間の誤差(ズレ)が大きくなった(遅れ・進み)

時間を刻むための歯車類に油汚れ・油切れ等があると、スムーズな回転が出来ず、誤差(ズレ)が大きくなります。(目安として、10秒の遅れ〜15秒ほどの進みなどの場合は、汚れ・油切れの可能性があります。)


2.持続時間が短くなった(機械式時計の場合)

時計の巻上を行う部品の油が汚れたり切れたり
すると、ゼンマイの十分な巻上が出来ず、今までと同じ巻上でも実際には巻上が少なくなってしまい、すぐに止まってしまいます。


3.カレンダーの切替わりが遅くなった


カレンダーの切替え部分にも歯車が使われています。一例をあげてみると、ロレックスは瞬時に切替る構造になっているモデルが多くありますが、油切れ汚れ等によって切替わりがゆっくりになったりします。

これらの症状が現れましたら、オーバーホールをご検討ください。


お客様が多数 殺到する時計修理店とは!?

「高級時計のオーバーホールや修理をお考えの方に」

私たち千年堂が抱える修理技術者は、これまで数百社におよぶ全国の有名百貨店、質屋、家電量販店等と取引し、数多くの時計修理・オーバーホールを受注してきた実績があります。

またロレックスやオメガの社内技術者だった者、メーカーの正規修理を一手に引き受けてきた技術者も、多数抱えております。


時計修理やオーバーホールの品質については、メーカー対応と同等かそれ以上の水準であることをお約束します。

私たち千年堂はメーカーや、百貨店、家電量販店等での修理、オーバーホールと違って取次に伴う手数料や人件費をカットし、顧客から絶大な支持を背景とした工房への大量発注によりボリュームディスカウントができているからです。

尚、修理にあたっては純正部品を使用する上に、

国家資格である1級時計修理職人、
メーカー出身のベテラン時計修理職人、
メーカーの正規修理を一手に引き受けてきた技術力のある修理職人が作業しますので、品質の高さについては自信があります。
安心してご依頼下さい。


私からのアドバイス
こちらではロレックスの純正部品を使用して修理に対応しています。アメリカなど海外にロレックスの純正パーツが業者のルートを通じて購入可能ですので、修理に出して問題ありません。